女の人

30代に最適な基礎化粧品を探す方法をバッチリ把握しよう

お肌の健康は石鹸から

石鹸

バランスが調整されている

体のパーツには強い部分と弱い部分があるため、洗浄するときは石鹸の種類を使い分ける必要があります。大まかには顔・体・手に分けられ、洗顔石鹸・ボディーソープ・ハンドソープの選択が可能です。特にしっかりと選別したいのが洗顔石鹸で、お肌に合わせた選び方で美容効果もアップします。顔だけに限らず石鹸の使用後には、ベタベタした肌触りがツルツルに変化します。これは脂汚れが落ちた状態ですが、洗顔の場合は皮脂が落ちすぎるとシワや肌荒れの原因となってしまうのです。そこでバランスを考えて開発されたのが洗顔石鹸で、今日においてはさまざまな種類が販売されています。固形のほかにも液体やクリームなどがありますので、自分の好みの中から選択が可能です。

使用回数は計画的に

洗顔石鹸は皮脂を落としすぎないようにバランスが調整されています。だからといって1日に何回も使用するのではなく、回数と使用するシーンを計画しておくと良いでしょう。皮脂汚れが蓄積されているのは帰宅時と起床時ですので、朝と晩の1日2回に分けて洗顔石鹸を使用するのが理想的といえます。もし肌が弱いのであれば、帰宅時のみの1日1回でも可能です。逆に脂が付きやすくベタベタしやすい体質の場合は、1日3回に分けてみるのも効果的といえます。いずれにしてもルールではありませんので、常にお肌の状態を観察しておくことは大切です。また、クレンジングを毎日行っている場合には、メイク落としも可能な洗顔石鹸を試してみるのもひとつの手段といえるでしょう。